アイフルホーム 欠点

アイフルホームに欠点について

アイフルホームはローコスト系のハウスメーカーとして全国展開されていますが、今回はあえてアイフルホームの欠点についてまとめてみました。

 

 

 

アイフルホームに限ったことではありませんが、低価格帯での家造りを実現されているようなメーカーの世間一般的な印象としては、『安かろう、悪かろう』『基本的に工期が短く設定されており、手抜き工事をされてしまう』『性能が劣る』『材料が悪い』『欠陥住宅』『売ったらそれで終わりでアフターサービスが期待できない』などの先入観を持たれる方も少なくないと思います。

 

 

 

まず、アイフルホームの欠点として、安かろう、悪かろう、欠陥住宅などのマイナスなイメージが強いということがあげられます。

 

 

 

これはローコスト住宅ゆえの悩みかもしれません。

 

 

 

そして、基本的にローコスト住宅の価格が安い理由ですが、商品を規格化することで価格の安さを実現されています。

 

 

 

 

そのため、間取りやデザインなどはあらかじめ用意されたプランの中から選択しなければならず、プラン内でお気に入りの間取りやデザインがあれば問題はありませんが、気に入ったプランがない場合は融通が利かず、満足のいく家造りができない点が欠点となってしまいます。

 

 

 

さらに、ローコスト住宅の特徴としてはシンプルな造りになっていることが多く、
物足りなく、追加料金が発生するオプションをあれこれ付け加えていると、価格がどんどん高くなってしまい、結果ローコスト住宅ではなくなってしまうということも欠点としてあげられます。

 

 

 

 

また、アイフルホームではFC展開を取っているため、家の完成度は担当の施工業者次第なところがあります。

 

 

 

 

腕の良い職人さんがいる施工業者が担当になれば、満足のいく家造りができると思いますが、職人さんの腕が悪かったり、手抜き工事をするような施工業者にあたれば、不満だけではなく、最悪の場合欠陥住宅に繋がってしまうなどのリスクもあります。

 

 

 

関連ページ

 

アイフルホームのデメリット

 

アイフルホームの口コミ

 

 

 

アイフルホーム 坪単価|相場や値引き情報のTOPへ戻る