アイフルホーム デメリット

アイフルホームのデメリット

マイホームを建てるときに、気になってくるのが、各ハウジングメーカーのそれぞれの違いになってきます。ハウジングメーカーには、特徴や売りもありますが、その反面デメリットもあります。これが、比較して検討するときの大事なポイントとなるわけです。

 

 

安いことで有名なアイフルホームですが、このアイフルホームのデメリットというのも、そのローコストゆえのものであるといえるでしょう。

 

 

アイフルホームというのは、住宅業界では最大規模のフランチャイズチェーンとなり値段が安いことで知られています。40〜55万円/坪というような価格帯でも、大分安くなりますが、さらに、インターネットで住宅を販売するアイプライムセブン(i-Prime7)という商品だと、坪単価20万円代からという商品もでています。

 

 

ただ、デメリットとしては、こういったインターネットのものは、安い反面、実際きちんとした打合せなどできないといったようなリスクもあります。

 

 

また、ネット商品以外のものであっても、契約から金額が上がっていくということがデメリットだといえます。これは、他のハウジングメーカーでも見られることですが、やはりもともとの単価が安いところだと多くみられるようです。

 

 

また、アイフルホームは、基本的に契約前の見積もりが、かなりざっとしていて、いい加減的であるということも言われています。そのため、契約をしたあとに、細かなこだわりを加えていくと、最初の想定よりも、かなり価格が上がっていくということがあるのです。

 

 

これが、坪単価が安いアイフルホームのデメリットだといえるでしょう。こういった格安商品をだしている会社ほど、追加する一つ一つのオプションなどが、値段として、割高になってくるのです。

 

 

商品や坪単価自体の安さは、かなりのメリットとなりますが、その反面にあるオプション等の価格や、値上がり、追加などのデメリットな点は十分加味して判断し、こういったアイフルホームの安さ判断をすることが必要だともいえます。

 

 

関連ページ

 

アイフルホームに欠点について

 

アイフルホームの口コミ

 

 

 

アイフルホーム 坪単価|相場や値引き情報のTOPへ戻る