アイフルホーム 断熱材

アイフルホームの断熱材に関する評判は?

夢のマイホームの新築にあたり、入念に間取りを考えたり、家の印象を大きく左右する外観のデザインをどうするのかなど、頭を悩ませて考えなければならないことも多いと思いますが、家の性能も重要なポイントとなってきます。

 

 

 

例えば、家の性能が悪いと、夏は暑く、逆に冬は寒い家になってしまいますし、その暑さや寒さを補うためにエアコンなどをガンガン使用することになり、光熱費などにもお金がかかる家になってしまうのです。

 

 

 

実際に家の断熱材に関して、【断熱材 比較】や【断熱材 種類】【断熱材 おすすめ】などのワードでの検索数も多く、注目度の高さがうかがえます。

 

 

 

中には【家 断熱材 入ってない】と驚くようなキーワードの検索もありますが、アイフルホームで新築をお考えの場合、断熱材にはどんなものが使われているのかや性能なども気になると思います。

 

 

 

そこで、今回はアイフルホームの断熱材や性能に注目しまとめてみました。

 

 

 

まず、家の外壁や屋根、床下などに断熱材が入っており、その断熱材が家を包むことで、暑さや寒さを防ぐことができ、よく使われる断熱材としてはグラスウールといったものがあり、一度は聞いたことがあるという方は多いと思います。

 

 

 

アイフルホームの断熱材について調べてみると、アイフルホームでもこのグラスウールの断熱材が使われていることが分かりました。

 

 

 

グラスウールの特徴として、断熱性能に優れているというだけではなく、耐火性や耐久性の面でも優れているほか、防音や除湿効果の面でも優れています。

 

 

 

基本的に窓などは外気からの影響を受けやすいですし、熱の出入りも多くなるため、アイフルホームでは高性能のサッシを採用するなどして対策されています。

 

 

 

2017年にセシボシリーズから極(きわみ)といった商品の販売が開始しましたが、極にはオリジナルの高断熱パネルや、クリプトンガス入りのトリプルガラスの樹脂サッシが採用、また、フレームのホロー内にも断熱材が施されているようで、ZEH基準を上回るほどの高い断熱性能を実現されており、注目を集めています。

 

 

 

標準商品の位置付けにあるセシボシリーズの零(ぜろ)のサッシに関しては、極と比較すると若干ランクが落ちるようですが、トリプルガラスが採用されており、こちらも極と同じく、ZEH基準に対応しています。

 

 

 

一方、セシボシリーズの爽(そう)は、平成28年基準の断熱性能とZEH基準には及びませんが、リーズナブルな価格設定が魅力となっています。

 

 

 

高断熱・高気密住宅を実現されているハウスメーカーとして一条工務店を思い浮かべる方も多いと思いますが、予算の関係上価格の高さがネックになってしまった場合は、比較的リーズナブルな価格帯で高断熱・高気密を実現されているアイフルホームもお勧めです。

 

 

アイフルホーム 坪単価|相場や値引き情報のTOPへ戻る

<スポンサードリンク>




page top