アイフルホームの3階建ての坪単価と評判

アイフルホームの性能と3階建ての坪単価

日本ではとても国土が狭く、新築などを建てる場合にも様々な規約があり、大きさも制限されることが多くあります。

 

 

しかし、狭小地ともなると土地への予算がかかることがなく、高さを設けることで生活しやすい家を造ることができます。

 

 

木造住宅では3階建てまでを設計することができるので、狭小地に3階建てを建築することも大変メリットのある建築方法です。

 

 

アイフルホームでは、このような需要の多い3階建てのシリーズを商品展開しています。アイフルホームと言えば、低コストなどでも有名なハウスメーカーです。

 

 

アイフルホームの仕様はどのような物なのか、さらに予算はどれくらい考えていけば良いのか気になる事でもあります。

 

 

アイフルホームは、スプリームと言う3階建ての商品を展開しています。

 

 

アイフルホームの仕様は、従来の在来工法よりもさらに強度を出す為に、テクノスター金物を使っています。

 

 

これは、接合金物を利用し、継手や仕口を継いでいく工法です。ドリフトピン工法のような構造です。

 

 

さらに24時間換気システムの採用、快適空間にする為のLow-Eガラスなどの採用、断熱材はグラスウールでの断熱工法をされています。

 

 

また、3階建てでも対応できるように、ガレージにEH大開口フレームを採用しています。

 

 

3階建て住宅ですと、開口部を1階に作る場合、柱の数を多くしたり構造計算上も難しい事が多くあります。

 

 

これらの構造面でも配慮した設計をアイフルホームでは商品に取り入れています。

 

 

アイフルホームの3階建てシリーズ・スプリームの価格は、30万〜40万と言われています。

 

 

しかし、自由設計になったり、さらにオプションを利用すると、予算がかかってくる場合も多くあります。

 

 

オプションとして見ておきたいのが、断熱仕様やホームエレベーターの将来の利用です。

 

 

高齢になった時のバリアフリー化をしておくのも、当初に予定を入れておくだけでも後々楽です。

 

 

断熱仕様については、より快適に過ごす為には是非高い仕様を求めたいものです。

 

 

これらの事を予算にも含めた上で、他のメーカーとも比較していくことが、より良い建築をする為には比較基準の一つともなるでしょう。

 

 

アイフルホーム 坪単価|相場や値引き情報のTOPへ戻るでは、

 

 

無料でハウスメーカーや工務店が比較できる「タウンライフ」のサイトを紹介していますので、

 

 

各社の間取りや費用が比較できるので、これから家を建てる方にはおススメです!

 

 

関連ページ

 

>>坪単価を抑えたアイフルホームの二世帯住宅

 

>>アイフルホームの平屋の坪単価相場はどれぐらい?

アイフルホームのスプリーム(3階建て)の評判は?

アイフルホームといえば、ローコスト住宅として知られており、フランチャイズ方式で全国展開されているハウスメーカーです。

 

 

 

低価格帯での家造りに定評がありますが、アイフルホームでは他の業者に委託するというシステムではなく、直接施工というシステムが採用されており、そのため中間マージンが発生せず、建築コストのカットを実現されています。

 

 

 

アイフルホームでは、主力商品である「セシボ」シリーズや、ワンフロアで暮らしの全てが完結する平屋住宅「アヤ」などの商品がラインナップされていますが、限られた敷地の中でも高さをいかし、ゆとりのスペースを実現した3階建て住宅である「スプリーム」という商品もラインナップされています。

 

 

 

このアイフルホームが提案する3階建て住宅スプリームは、アイフルホームの技術を集結した商品として、スプリームの発売が発表された当初は注目を集めました。

 

 

 

2階建てではなく、3階建てと高さを有効に活かすことで、ゆとりの空間を造ることができますし、3階建てならではの眺望の良さや、空に近いスカイバルコニーなど、様々な夢を実現させることが可能となります。

 

 

 

そんな、アイフルホームの3階建て住宅であるスプリームでの建築を検討されている場合、スプリームのリアルな評判が気になると思います。

 

 

 

そこで、今回はアイフルホームのスプリームの評判に注目してみました。

 

 

 

アイフルホームの商品といえば、規格住宅がベースとなっているようですが、商品によっては『間取りの変更などでも制限がかかってしまい、自由度が低いです、、。』などの不満の声もあがっていますが、スプリームは注文住宅のため、設計の自由度が高いという点では評価されているような印象を受けます。

 

 

 

また、アイフルホームの母体となる会社はリクシル住宅研究所ということは有名な話ですが、そのためリクシル製品を他のハウスメーカーよりも安く導入することができるという点での評価も高いようです。

 

 

 

システムキッチンやバスなどの製品を全てリクシルで統一されたい方にはお勧めですが、その一方で、他のメーカーのシステムキッチンの導入となれば、オプション扱いということになり別途料金が発生しますし、リクシル製品以外からも検討したいという方は、このあたりは不満に感じるかもしれません。

 

 

 

最後に、スプリームは注文住宅のため、設計の自由度も高く、家族が思い浮かべる家を実現しやすいですが、3階建て住宅ゆえ、価格が高いというイメージはつきものです。

 

 

 

一般的な2階建て住宅と比較すると、基礎の部分も強固に造る必要がありますし、建物自体の重さも重たくなるため、地盤となる基礎をしっかりと改良しておく必要などがあり、建築コストが割高傾向にあると言われています。

 

 

 

少しだけこの価格にもふれておきますが、スプリームの坪単価は40万円〜と比較的リーズナブルなようで、実際にこのスプリームで新築された方の情報によりますと建物本体価格が約1600万円と、3階建てでありながら1000万円台という費用には驚きです。

 

 

 

 

建物本体価格と書かれていますので、総建築費用はこれよりも数百万円ほど高くなりますが、それでも他のハウスメーカーの3階建てと比較してみても、コストパフォーマンスが高いと思います。

 

 

 

アイフルホーム 坪単価|相場や値引き情報のTOPへ戻る

<スポンサードリンク>