アイフルホーム 二世帯住宅 坪単価 評判

アイフルホームの二世帯住宅の坪単価について

フランチャイズ・チェーンの住宅メーカー最大手アイフルホームは、ローコストの住宅を中心に提供しています。

 

 

 

アイフルホームの二世帯住宅は「ハッピーハーモニー」。

 

 

 

そのネーミングが示すように、子育てをみんなで楽しめる家となっています。

 

 

 

ライフスタイルにより、玄関や浴室を共有する部分共有型と、すべて独立させ、内部の行き来だけを可能にした独立型を選ぶことができます。

 

 

 

親世帯のふれあいタタミコーナーやふれあいリビングは、自然と家族が集まるプランとして人気です。

 

 

 

共働きの若夫婦に代わって、孫の面倒をおじいちゃん、おばあちゃんがみてあげたりするのにも、タタミコーナーは便利。

 

 

 

 

孫と一緒にタタミで寝っ転がって、絵本を読み聞かせたり、オモチャで遊んであげたり、タタミならではのふれあいが生まれます。

 

 

 

 

親世帯も、旅行で留守にしたり、もしもの時など、同じ屋根の下に子世帯がいるというのは安心です。

 

 

 

ハッピーハーモニーで特筆すべきは、子供にやさしい安全設備の数々。

 

 

 

 

踏み板に滑り止め機能のあるクッション材をつけた「滑り止めクッション機能付き階段」。

 

 

 

 

脱衣所や浴室へ子供が一人で入らないよう、子供の手が届かない1.5Mの高さにつけた「チャイルドロック」。

 

 

 

 

これらはキッズデザイン賞を受賞しています。

 

 

 

 

ほかにも、角に丸みをもたせた「まるいかど」、ドアがゆっくり閉まることで指はさみの事故を軽減した「ソフトクローズ機能」などを採用し、子供だけではなく高齢者にも安心な設計となっています。

 

 

 

アイフルホームの二世帯住宅の坪単価は、40〜50万円くらいです。

 

 

 

なぜ、これほどのローコストが可能となったのでしょうか。

 

 

 

アイフルホームは、中間マージンと仕入れコストを抑え、メーターモジュールを採用することで、コスト削減に成功しています。

 

 

 

また、LIXIL住宅研究所の傘下にあり、同じグループ企業であるトステム、新日軽、INAXなどの設備機器や部材を使うことも、ローコストにつながっているでしょう。

 

 

 

規格内のプランであれば、ほかの住宅メーカーよりもかなり安く建てられるのが魅力です。

 

 

TOPページの「タウンライフ家づくり」では、無料でハウスメーカーや工務店の間取りプランや支払総額が比較できるので、これから家を建てるにはおすすめします。

 

 

アイフルホーム 坪単価|相場や値引き情報のTOPへ戻る

 

アイフルホームのハッピーハーモニーの評判や評価

アイフルホームでも二世帯住宅に対応した「ハッピーハーモニー」という商品が用意されており、2通りの住まいスタイルが提案されています。

 

 

 

まず一つ目は、部分共有型のスタイルで、玄関や浴室といった一部分を共有します。

 

 

 

子世帯、親世帯のライフスタイルに合わせて共有する部分を決めるため、程より距離感を保ちながら二世帯での暮らしが実現します。

 

 

 

二つ目は、独立型のスタイルで、玄関やキッチン、浴室などが各世帯に1つずつ設けられており、完全に分離しているタイプです。

 

 

 

お互いのプライバシーがしっかりと確保できますが、病気や怪我など、助けが必要な時などに気軽に頼ることができます。

 

 

 

一般的に二世帯住宅は建築コストが高いといったイメージが強いですが、ローコスト住宅としてなじみのあるアイフルホームでは、建築コストを抑えられるのでは?と期待してしまうと思います。

 

 

 

このセシボハッピーハーモニーの販売が開始した当時の価格となりますが、モデルプランでは55坪で2301万円(税込み)と記載されており、この二世帯住宅の坪単価は約42万円という計算になります。

 

 

 

キッズデザインの考えを基本とし、働く子育て中のママをターゲットとし開発された商品のようですが、ハッピーハーモニーの評判も気になるところです。

 

 

 

 

実際に、子育て中の方をターゲットとされているだけあって、キッズセーフティの家として、転んでしまっても怪我をしにくいように段差部分の角に丸みをもたせていたり、つまずきやすいドアストッパーをドアに内蔵するなどの工夫がなされています。

 

 

 

実際にこのあたりは高く評価されており、『子どもに優しいだけではなく、子育てをしやすいように配慮されています。』という声もあがっています。

 

 

 

 

ただし、二世帯住宅ではお互いのプライバシーが確保されていないとストレスが溜まりますし、程よい距離感が保たれないと「自分の家なのに気が休まらない、、、。」「友人を招くこともできない、、。」などの不満は出てきますので、特に間取りは入念に考えておく必要がありますし、家事がスムーズに行えるかなどの生活動線についてもしっかりと考えておく必要がありそうです。

 

 

アイフルホーム 坪単価|相場や値引き情報のTOPへ戻る

<スポンサードリンク>




page top